職場と自宅を往復するだけの生活になっていませんか?

辻です。
今週、私は友人たちとディズニーシーに行ってきました。

パイレーツオブカリビアンのショーでは、海賊たちにたくさんの水をかけられてびしょ濡れに。
新しくできたファインディングニモのアトラクションは本当に海の中にいるような感覚を味わえました。
夜のパレードでは夜空にあがる花火とイルミネーションを楽しみました。

ふだん見られないような景色や、ふだん味わえないような感動体験が、私たちの脳を活性化させます。
反対に、いつも変わり映えのしない景色、いつも同じような行動パターンを繰り返していると、脳が刺激されません。
おそろしいことに脳は刺激を受けないと萎縮してしまうんです。

たとえば、休日が終わる頃に「そういえば今日は誰とも会話をしなかったな」なんてことありませんか?
会話をしない期間が長くなると、脳の会話を司る領域の機能が低下する可能性があるそうです。
舌がうまく回らなかったり、会話がスムーズにできないと感じたことがある方は要注意です。

「遊びに行くお金がないから」「仕事が忙しいから」と、職場と自宅を往復するだけの生活になっていませんか?
テーマパークに行くことだけが脳に刺激を与える手段ではありません。
いつもと違う道を通って通勤してみたり、いつもとは違うジャンルの本を読んでみるなど、いつもとちょっと違うことをして脳に刺激を与えましょう。

もしかしたら、脳に刺激を与えるというメリット以外にも、あなたの仕事や恋愛に役立つ新しい発見があるかもしれませんよ。

コメント

  1. みき より:

    わー!いいですねー!!
    ディズニーだいすきなのでうらやましいです><
    学生のときは年に3回とか行ってたのに最近はぜんぜんいけてないし…。
    今年は1回くらいいきたいなぁ…。

  2. より:

    みきさんもディズニー大好きなんですね、私もです。
    今年は行けるといいですね。

トップへ戻る